それぞれの役割

昨夜、仕事を終えてから革包丁を研いだ。やはり平常心とまでは言い難くて、いつも使う包丁をきちんと研ぐのに時間がかかる。砥石の上で揺ら揺らと包丁が波打つと、包丁は光るだけで、いつまでたっても研かれない。
しばらく続けているうちに、ようやく良い研ぎ音に変わり、包丁が尖った。こういう作業は チューニングできていい。物づくりには、そういう感覚がある。情報を遮断して、今生まれる商品が、どんな場所でどんな一生を得るのかを時折思いながら、ただ黙々と作る。いつもと違うのは、部屋が暗く、手先が冷たいこと。

東京の電気は、福島から来ていた。
そんなことちっとも考えずに暮らしていた。福島は東北電力なのだ。
東京が停電することは致し方ないし、東京で買占めが横行するのはおかしな話なのも頷ける。「必要最低限のものとあたたかさ」被災地で求められているものは、東京には確実にある。取り合う必要なんてない。

朝起きたら、電気のスイッチを入れて「今日も明かりが点く」と確認し、蛇口をひねって水とガスの恩恵が今日もあるのだと知る。目覚めたら、「あぁ生きているんだな」と実感し、夜寝るときには「今日一日生きられたんだな」と感謝する。今まで当たり前だと思っていたことは、当たり前ではなかった。私は傲慢だったなぁ。

閑話休題。

私たちの業界は、笑顔を届ける役割をもっていますが、生活必需品でないものが多いのかもしれません。それでも各自の持ち場で心をこめた仕事をすることが力になると信じます。震災の影響は、短期的なものではないことも覚悟しています。最大の支援が長く必要です。一日でも早く、被災地の方々に安心できる生活が戻りますように。

————————————————————
入荷情報

00-C
バケツバッグLサイズの 手長サイズが入荷いたしました。テツコン、マスタードイエローとベージュ(カーキ)の3色すべて在庫がございますので、どうぞよろしくお願い致します。大変長らくお待たせいたしました。

人気ブログランキングへありがとうございます