パウル・クレーのポストカード 『忘れっぽい天使』『鈴をつけた天使』

パウル・クレーのポストカードをエイジングでもお取り扱いさせていただくことになりました。

パウル・クレーは1879年12月18日にスイスの首都ベルン郊外にあるミュンヘンブーフゼーという小さな町に生まれた画家です。父親は、ドイツ国籍の音楽教師、母親はフランス出身の声楽家で、クレー自身もヴァイオリンを習って、11歳のときにはベルンのオーケーストラ・メンバーになるほどの腕前でした。幼い頃から絵を描くことにも熱心で、祖母に手ほどきを受けて最初の絵を描き上げます。画家になったあとも、生涯ヴァイオリンを弾き続けました。

1914年、クレーはこう日記に書き残しています。「色が私をとらえた。もはや、私は、それを追いかける必要がない。なぜならば、色は、私を永遠に包み込むだろうから。色と私は一体となった。私は画家なのだ。」南アフリカのチュニジア旅行で色彩に開眼したといわれるクレーは、バウハウスでの指導、デュッセルドルフ美術学校の教授を経ますが、ヒトラーの弾圧によりスイスに亡命。晩年は非常に厳しい環境に身を置きながら、難病と戦うことになります。病魔とたたかいながら、最後の最後まで筆を取っていたクレー。そのころ描かれた天使の絵は、多くのファンの心を捉えて止みません。

忘れっぽい天使
wasure

鈴をつけた天使

suzu

1枚 150円
※A4で厚み2cmの荷物までネコポスでの配送が可能です。(297円で補償は3000円まで・ポスト投函)ご希望の方はご注文時に備考欄にお書き添えくださいましたら、送料を訂正してお知らせいたします。