〔お客様の声〕ロールペンケースMINI&ケアについて

いつもAgingストアをご利用くださりありがとうございます。
昨日の続きです。

ロールペンケースMINIをお使いくださっているお客様より、革の裏側が毛羽立ってくるのが気になるというお声を頂戴しました。これはロールペンケースだけでなく、一枚革の品物はどうしてもそうなりますよね。

0403

ロールペンケースの制作工程としましては、革を薄くスライスして均一にしたあと革の裏を溶剤を塗りこんでガラス板で磨き、裁断したものを接着して縫製しております。

この溶剤は、市販のもので手に入るものですと、「トコノール」や「トコフィニッシュ」と呼ばれるものになります。品物の汚れやほこりを取り除いたあと、これらを薄くへらで塗りこんで、ガラス板(角など鋭利な部分がないガラスコップなどでもできると思います。)で磨けば、革の毛羽立ちが押さえられてつるんとなります。

migaki2 migaki

こういったちょっとしたアイテムは、それだけのためにお手に取るには量が多いというご意見もありますので、Agingストアでも何か対応できないか検討してみますね。今後ともどうぞご意見くださいませ。