東日本大震災の寄付金表示について

いつもAgingストアをご利用くださり、誠にありがとうございます。
2011年3月11日に発生した東日本大震災の際、未曾有の出来事に驚き、この東京という場所でお仕事をさせていただく中で、そのための電気や食料など生きるためのライフラインが実は東北からによるものがほとんどだったことを知りました。心身ともに揺れて、居てもたってもいられず取った行動は目の前の材料を使って頑張れニッポングッズを制作すること。それ以外何もできませんでした。

しかし、それを販売してほしいという温かいお声を頂戴して、モノづくりの何たるかを改めて考えさせられ、また、何もできない中でも小さなことを積み重ねることの大切さを教わった気がしました。あの大きな出来事の中、Agingストアのカートからお買い物をしてくださったお客様による売り上げの3%を寄付すると決めて5年半が経過。一刻も早く元の生活が戻ることを祈りながら、期限を定めずこれを続けています。

震災から時間が経ち、今一度この東京でお仕事させていただけていることへの感謝とお客様へのお知らせとして、本日以降のご注文の納品書には、震災への寄付金へとお預かりする金額をお入れすることにしました。

sinsai

震災の後、色々と変化もありましたが、Agingは今の新しいアトリエに移って今日でちょうど2年の節目です。お客様のお陰でこうした活動ができますことを今一度心に刻み、多くの方にAging製品をお届けしていけたらと考えております。毎月月末に一旦集計し、震災のあった11日に日本赤十字社へ送金することを目安としておりますが、多少前後することもございます。

今後共どうぞよろしくお願い申し上げます。

保存

保存

保存