メニューブックの生産状況

Instagramからの投稿☺
メニューブックのオーダーや他の生産がかなり重なっております。それでもやはり皆さんのオープンやリニューアル、商機のベストタイミングに最大限の努力をしてすべてのお仕事を承りたく、リードタイムを縮めるために、いよいよウルトラCを発動。職人や工場はバッグの仕立てで目一杯ですし、不測の事態で納品スケジュールも狂うことがありますので、私自身がすべてのパートで動き回ることに。こういうケースは最後の砦の発動なので、延長戦のドローぐらい緊張感があります。本日は夕方から革メーカーさんのご協力により、裁断機をお借りして、購入した革を裁断しました。ちなみに革の厚みが部品によって変わるため、一旦裁断してから、パーツごとにベタ漉きに回します。今回は漉きはグラムで計算。色々とご協力いただいて仕事ができます。#aging #aginginc #aginglabo #leather #menubook #menu #wine #dish #restaurant #hotel #bistro #roll #craft #design #designer #japan #tokyo #メニューブック #革 #レザー #エイジング #ホテル #レストラン #革工芸 #レザー #レザークラフト #leathercraft #craft #design #designer #designs #atelier #hotel

メニューブックのオーダーや他の生産がかなり重なっております。それでもやはり皆さんのオープンやリニューアル、商機のベストタイミングに最大限の努力をしてすべてのお仕事を承りたく、リードタイムを縮めるために、制作現場では、いよいよウルトラCを発動。こういう最後の砦の発動は、延長戦のドローぐらい緊張感がありますが、特有の活気があります。
何はともあれご期待に沿うものを常にお届けできるように頑張りますね。

ベビーカーフ 毛付革

Instagramからの投稿☺

デュ・カリテをイタリアンベビーカーフの毛付き革でデザインしています。通常の牛革の5倍高価な革のため、裁断箇所を綿密にチェックして裁断していきます。緊張の一瞬です。#favorpoco #aging #aginglabo #agingjapan #leather #leatherbags #leatherbag #bag #sholderbag #kip #leathercraft #atelier #workspace #leatherwork #leatherworks #fashion #design #designer #エイジング #フェイバーポコ #革 #革小物 #バッグ #ショルダーバッグ #デュカリテCUBE #デュカリテlong #デュカリテlong #peacock #brown #darkbrown

今年は毎年恒例のクリスマス展示会を、アトリエではなく外で行います。場所は丸の内。期間は11月20日~12月3日の2週間です。

それに向けて、デュ・カリテの新作をイタリアンベビーカーフの毛付き革でデザインしています。通常の牛革の数倍高価な革のため、裁断箇所を綿密にチェックして、裁断していきます。緊張の一瞬。

良いものをお届けできるよう、アトリエはフル稼働中です。どうぞお楽しみに。

 

初対面?再会?

Instagramからの投稿☺
オーダーした図面を見た金型屋さんが「似た型でちいさいのがあるんだけど欲しい?」と連絡をくださり、おまけが付いてきた。かなりギチギチのスケジュールで動いているので、ホッと緩む時間がありがたい。#aging #aginginc #aginglabo #leather #menubook #menu #dish #restaurant #atelier #workspace #roll #craft #design #designer #japan #tokyo #メニューブック #革 #レザー #エイジング #型押し #レストラン #革工芸 #レザー #レザークラフト #leathercraft #craft #design #designer #designs #型押しレザー #studio #スタジオ

私が描いた図面と型紙とそっくりなものが金型屋さんに保管してある・・・と耳にして、金型屋さんと少し話し込む。そして、ご厚意によりこの小さな刃型を一緒に送ってくださった。

本当にそっくり・・・
離れていた親子みたいに馴染んでいます。

昔々、レザークラフトすらよく知らないころに、ミシンもないのに革を縫ってみようと思い立ち、自分なりに考えた穴をあける道具の絵を描いて店員さんに聞いたら、「これじゃない?」とフォークみたいな穴あけ道具が出てきたことを思い出しました。人間みんな考える事は似てるってことでしょうか。何だか微笑ましい。

ホテルメニュー(A4サイズ)

Instagramからの投稿☺
ホテルメニューのA4サイズのファーストサンプルが完成。芯を入れたタイプです。組ネジは、通常は二個タイプで考えておりますが、メニューを特注で穴開けなさるお店は、ネジの数も変更可能です。秋はお店のオープンやリニューアルが重なりますので、様々な大きさや仕様に取り組んでおります。#aging #aginginc #aginglabo #leather #menubook #menu #wine #dish #restaurant #hotel #bistro #roll #craft #design #designer #japan #tokyo #メニューブック #革 #レザー #エイジング #ホテル #レストラン #革工芸 #レザー #レザークラフト #leathercraft #craft #design #designer #designs #atelier #hotel

ホテルメニューのA4サイズを新たに展開することになりました。芯を入れたタイプです。組ネジは、通常は二個タイプで考えておりますが、メニューを特注で穴開けなさるお店は、ネジの数も変更可能。秋はお店のオープンやリニューアルが重なりますので、様々な大きさや仕様に取り組んでおります。

画像の物は、両面オイルヌメ帳のレザー張りで大変贅沢なもの。裏側に目立たないようにハギを入れている経済ロットタイプと一枚革で裏まで贅沢なもの両方をテスト制作してあります。何かございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

革の裁断面の処理

Instagramからの投稿☺
アトリエで使う梅皿と筆が到着。コバスーパーやトコノールの販売もしているので、プレススリッカーも扱うことにしました。#aging #aginginc #aginglabo #leather #menubook #menu  #dish #restaurant  #atelier #workspace #roll #craft #design #designer #japan #tokyo #メニューブック #革 #レザー #エイジング #プレススリッカー #レストラン #革工芸 #レザー #レザークラフト #leathercraft #craft #design #designer #designs #トコノール #コバスーパー #studio #スタジオ

梅皿と筆が到着。デザインする際、試作まで行うため、アトリエには工具や材料がひしめき合っています。新しいアイテムが入ると、ちょっとざわざわっと空気が変わる感じがして面白いものです。このコバスーパーという液体は、革の裁断面を処理する溶剤です。艶があるタイプで、トコノールのあとに塗布すると綺麗で防水になります。

さて、材料研究所のページでトコノールの販売をしているので、プレススリッカーも扱うことにしました。トコノールを裁断面に塗って、プレススリッカーでこするれば、つるつる滑らかになります。メニューブックやシザーケース等、ヌメ革を利用しているアイテムに有効です。

 

金具類のチェック

Instagramからの投稿☺
腕が抜けるほど重い。金具は普段は送るのですが、急ぎで休み前となれば、やむを得ずこうなることも。夕方から全速力で金具屋梯子。17:30で閉まるので、大通りの端から順に店でオーダーしていき、その伝票を書いて包んでもらう間に次の店へ。反対の端へたどり着いたら、回収しながら戻る。途中で真鍮の金具にレーザー焼き印を特注する方法を教えてもらう。深く掘れるレーザー機なら時間がたっても綺麗。#aging #aginginc #aginglabo #leather #menubook #menu #dish #restaurant #atelier #workspace #roll #craft #design #designer #japan #tokyo #メニューブック #革 #レザー #エイジング #型押し #レストラン #革工芸 #レザー #レザークラフト #leathercraft #craft #design #designer #designs #型押しレザー #studio #スタジオ

腕が抜けるほど重い。金具は普段は送るのですが、急ぎで休み前となれば、やむを得ずこうなることも。夕方から全速力で金具屋梯子。17:30で閉まるので、大通りの端から順に店でオーダーしていき、その伝票を書いて包んでもらう間に次の店へ。反対の端へたどり着いたら、回収しながら戻るという具合です。企画やデザインの比重が増えているので、こういう急な動きも比例して増えている次第。

そういえば、途中で真鍮の金具にレーザー焼き印を特注する方法について確認することができました。立体的なものでも、深く掘れるレーザー機ならかなり綺麗に入ります。(浅く掘るものは消えやすかったり、立体的なものに入りにくい。)価格は高いのですが、メニューブック等で、革の方ではなく、金具の方へ店名をレーザー彫刻することも視野に入れてみます。