いつでもどこでも

最近、ご近所の方にお声をかけていただくことが多い。そして大体の人が同じことをおっしゃる。「いつも頑張っているわね~。」頑張っているの前に抜けている言葉は「遅くまで」の様子。アトリエと自宅が近いと、夜中に帰宅してもついついアトリエに寄ってPC前に座り、そして制作をしてしまったりする。灯りがついているから、大体の勤務時間がわかるらしい。そして、朝方寝ても、宅急便の人たちはそんなこと知らないから、アトリエ不在のときは自宅までわざわざ来てくれたりする。(しかも朝8時頃...)しぶしぶアトリエに向かい、伝票を受け渡していると、またご近所さんに出会う。それで、前出の言葉を頂く事になる。たまに「寝ない人間」と思われていないか考えると笑ってしまう。ちゃんと寝てるし、食べてるからね、と心でつぶやきながら。

テレパシー飛んでる

明け方の夢に陶芸家の美途さんが出てきて、陶芸の話をしていた。起きてすぐに電話しようかと迷うが止める。仕事が一段落ついたあと、イーエックスワインで、天ちゃんへのお礼に赤ワインを選んでいただく。彼の奥さんはワイン好きらしい。ブルゴーニュなら、1998年と2002年が良いとアドバイスいただいたので、トロボーに決定。

それはそうと、夕方に、なんと一ヶ月半ぶりに美途さんからメールが入り、9月の中旬に一緒に陶芸展に行く事になる。これって正夢に近いのでは?!

22年前のワイン。22年後の私。

朝早くから神谷町の中小企業総合支援センターへ。弁護士の先生と書類の確認を行う。夕方からは霞ヶ関に行く事になっていたため、アトリエに戻らず、空いた時間を使って急遽六本木ヒルズのkakimoto armsへ。昨夜あまり寝ていなかったので、シャンプーをしてもらう間に夢まで見てしまい、美容師さんと笑う。霞ヶ関の後は八丁堀のMARUへ。3人のはずが急遽4人になり、ぎゅうぎゅう詰めの店内で円卓に4人並び、声が届かない。そんな中、83年のワインを友人の天ちゃんがおごりだと言って持って来た。あ、あのこれは一杯ン千円の計算ではないでしょうか...帰り道、4人もの知り合いに出くわし、怖くなって帰宅。

この肉が恋しくて飯を喰らう。

シザーケースを3点出荷する。今日のケースはヌメ黒×黒、ヌメこげ茶×茶という明暗のコントラストを活かしたものと、ヌメ肌色×桃×ワインというソフト+インパクトの組み合わせで、かなり私好み。美容室にこの3人が揃っていたら格好いいだろうなー。

制作を無事に終えて、涼しくなった夜にサイクリング開始。駒沢あたりまで走ったところで友人の美里さんから着信。そのまま方向を変えて田園調布に向かい、晩ご飯をご馳走になる。(本日2度目の夕食...)最近の美里さんとヨシコちゃんは、弱点凝視とその改善に燃えているらしい。反省と感謝なくして未来はないのだ。私の今日の反省と言えば、消化より吸収のカロリーが多かったこと。考えていることよりアウトプットが少なかったこと。あー、色んな意味で太り気味。

自転車用ガソリンスタンド?!

1fdbfd88.jpg昨日、目黒通りの自転車屋で街乗り用マウンテンバイクを購入。色を散々迷った挙げ句、お店の人の私に似合うイメージということでスミレ色に決めて、カゴ・鍵・ライトをつけてもらい、そのまま仕事の移動に使ってみる。これまで折りたたみ式の小さな自転車だったので、この周辺の坂道にノックアウトされていたけれど、さすがマウンテンバイク。坂道も楽々で疲れ知らず。仕事帰りにツーリングして、最後に燃料補給。そう、自転車乗りのガソリンはやっぱり生ビール。おかげで今日も快調です。