瓶が足りない

こんばんは。お客様のお声を拝見していると、バッググリップの使い道やリクエスト、はたまた欲しいと思っているポーチについてなどなど、結構内容が似通っています。面白いものですね。Agingもできる限り早くお応えしたいと思っているところです。

そんな中、試作用の金型が到着したのですが、箱が思いのほか重い。開けたらなんとジャムが入っていました。刃型屋の社長さんが庭で取れた夏みかんで手作りしたんですって。嬉しい!

「お客さんが皆さん苦く苦くっておっしゃるから、砂糖の分量をあれこれ変えながら試験していたら、瓶が足りなくなっちゃった」ということで、至るところに研究材料は転がっているものだなと可笑しくなってしまいました。

いくつも作らないとわからない事って多いので、こちらも腕まくりします。