東京駅の扉

毎年クリスマス時期に展示会をしてまいりましたが、ここ3年は、東京駅でのポップアップをそれに重ねて2週間というスケジュールで動いています。

もともと、東京駅とは4年ほど前にポップアップの一部に私自身が作家として参加したのがきっかけだったのですが、その時、丸の内駅舎とのコラボグッズを作ることになり、私がデザインしたものの許諾を取る際、「この屋根は丸すぎる」「窓が足りない」など、デザインというよりは、きちんと丸の内駅舎かどうかを慎重にチェックしていただく必要がありました。

そんなこんなで出来上がったパスケースをご購入下さったのが縁で、東京駅フォトグラファーの佐々木さんと知り合い、丸の内駅舎あれこれについて、お互いにこぼれ話を吐露する機会が何度かありました。私も東京駅でお仕事するようになってから、いきなり舞台裏にがっつり入るといった具合で、何だか東京駅とはディープな付き合いになりそうだなぁ・・・とぼんやり予見したのですが、ここしばらく、本当にそんな感じで過ごしてきました。時のたつのは早いもので、その佐々木さんが、今年、東京駅の扉という本を出版なさることに。お使いいただいているパスケースもすっかりエイジングしていて嬉しくなりました。私もこれを拝読して、もう少し東京駅を知りたいなと思っています。

今年もご来場くださった皆様、ありがとうございました!