休日にシャッターを閉めて

東京は緊急事態宣言が継続されていますので、材料の会社や加工場については、時短勤務と交代勤務で、ざっくりとお仕事を半分近く減らしていらっしゃるような印象を受けます。

それもあって、少し込み入った加工については、早めにご依頼して長く待つというスタイルが定番になりつつあるのですが(空いているので加工は早いですが運送に時間がかかることが多い)、お互いに確認や調整、仕上がりの様子を共有したい場合は運送で時間を使っているといつまでも仕事が終わりません。

ということで、今週末は、お互いの休日を返上して仕事をすることに。休業日を利用すれば、三密を避けることができ、少人数で集中して仕事を行う時間を邪魔することなく、短時間で仕事を終えることができます。シャッターを開けると人が入る可能性があるため、CLOSEした状態で作業をしていました。働き方が少しずつ変わってきますね。