革の準備

いつもこの時期に、たくさんの革を仕入れています。11月~12月にかけて東京駅でポップアップをするというのも理由の一つですが、今年は元気なカラーが沢山欲しくて、色々と集めていました。少しでも、明るくキュートに寄り添う革小物をお届けできたらと思っています。

革は、一定の厚みでスライスして、今年もA4スクエア他、色々と準備しています。革を仕入れた後、それぞれ大きな機械で型押しを依頼していますが、先週上がってきました。今年はスターマリンの他に、ジラフの型押しを用意しています。

この土日も、朝から裁断しています。メニューブックをお急ぎのお客様も多いため、色々と並行して進めております。形になるのが楽しみです☺

メニューブック、混み合っています。

ただいま、メニューブックのお問い合わせとご注文がかなり重なっておりまして、お返事に2~3日かかることがございます。

メニューブックは、1頭の革を取りきる数量(A4サイズなら10冊程度)を経済ロットとして、数量が減りますと、定価に近づきますので、冊数によって価格が異なっております。

お問合せフォームでは冊数をお知らせいただくのですが、多種類のお問い合わせの場合は、内訳をメモに入れて頂けたら、確認がスムーズです。引き続きよろしくお願いいたします!

なお、通常はご入金確認後2週間程度でお届けしているのですが、ご注文が重なっていますので、更にお時間がかかることもございます。こちらも冊数に寄りますので、ご開店のお客様は、ご相談くださいませ。

画像は、アニリン黒のA5サイズです。
革がかなり厚いため、表紙をめくりやすいように、左端の裏側を溝漉きしています。艶やかで、カッコいい革紐メニューになりました。

 

東京駅とミシン

仕事の合間に、丸の内でランチをすることになり、11時直前のKITTEで待ち合わせ。オープン前の静かな雰囲気は初めてだなぁと少し新鮮。

東京駅からここまで歩く、ほんの3分程度の間、知り合いに2人も遭遇して、なんだか嬉しくなりました。

JR東京駅構内のエキュート東京(イキスイ)では、現在、アクセのポップアップが開催されていますが、Agingのポップアップも、近づいてまいりました。

来月、11月16日(月)~12月6日(日)までの3週間、今年もポップアップストアを開きます。例年より1週間長いオファーをいただきましたので、新しいゲストブランドも予定しています。よかったら是非GOTOしてくださいね。

そうそう、今日は、もう一つ大きな目的がありました。新しい工業用ミシンの試運転です。コンピュータで返し縫いや、糸切が自動でできるタイプ。数量が多いものは、すさまじく作業効率がUPします。

日本では、一時期と様変わりしていて、大量生産が減り、工場も減ってきていますから、工業用ミシンの流通量が少なくなっています。日本から中古ミシンを海外へ送って喜ばれていた時代もありますが、海外でモーターを作ったり、一部を作ったり、という経緯を経て、最近では海外で日本と同等のミシンが作られるようになってきて、海外は海外で完結しているケースがほとんどだと思います。折に触れて、日本のモノづくりの現場や状況を見守っていきたいと思っています。

ということで、その帰り、また東京駅へよって、打ち合わせをしてからアトリエに戻りました。引き続き準備を進めてまいります☺