休日にシャッターを閉めて

東京は緊急事態宣言が継続されていますので、材料の会社や加工場については、時短勤務と交代勤務で、ざっくりとお仕事を半分近く減らしていらっしゃるような印象を受けます。

それもあって、少し込み入った加工については、早めにご依頼して長く待つというスタイルが定番になりつつあるのですが(空いているので加工は早いですが運送に時間がかかることが多い)、お互いに確認や調整、仕上がりの様子を共有したい場合は運送で時間を使っているといつまでも仕事が終わりません。

ということで、今週末は、お互いの休日を返上して仕事をすることに。休業日を利用すれば、三密を避けることができ、少人数で集中して仕事を行う時間を邪魔することなく、短時間で仕事を終えることができます。シャッターを開けると人が入る可能性があるため、CLOSEした状態で作業をしていました。働き方が少しずつ変わってきますね。

 

物の背景

通関を無事に終えた荷物が、品川デポに到着。連休明けと時短勤務を気にしながら、開梱して検品作業を行っています。

昔、会社勤めをしていた頃、海外事業部へ異動したいとずっと思っていましたが、結果として、国内業務且つ、物よりも人に関わる仕事に配属されていたために、倉庫や物流センターに出入りするときは、たいていそこに勤務する人たちに会いに行くことがほとんどで、こうして物を通して、その背景にある人々の考えや行動、経緯を理解することの面白み(?)は、最近の方が感じているかも・・・とふと思いました。

人間にはミスがありますので、何重かのチェックが機能する工程も大事ですが、作業を単純化して、間違えにくくすることも楽しい作業。たとえば10個を1つの袋に詰めて、さらにそれを大袋に10個いれて、さらにそれを10個、箱に入れて・・・という工程を繰り返せば、すべての作業は、「10数える」だけで終わります。当たり前のことなんだけど、こういったルールは、箱を開ける側にも影響します。

10までしか数えられなくても、それを繰り返すことで1000や10000を数えることができる世界、10を淡々と数えることが大きな事につながる世界、意外と好きだなと感じています。

余談ですが、VOGUEの動画、興味深いです。国によって1の指も違えば、数え方もそれぞれなんですね。
「世界70か国、70通りの1から10の数え方」。

「セガ60周年限定メモリアルチョークバッグ」presents by Aging

<SPECIAL INFORMATION:お知らせ>
2020年6月3日に設立60周年という大きな節目を迎えるセガ様に向けて、Agingでは、「セガ60周年限定メモリアルチョークバッグ」を特別にデザインさせていただきました!

(7月1日追記)
※メッセージの応募は、6月30日で終了しました。これから厳選なる抽選を行って、60名様にこちらのチョークバッグが発送されます。セガのファンの皆様から寄せられた沢山のメッセージは、来年2021年3月31日まで、SEGAの60周年記念サイトに掲載されるそうです☺)

セガ様では、60周年を記念して、特設サイトが華々しくオープン!この4月21日より、”お祝いメッセージ投稿企画”にて、投稿してくださった方の中から抽選60名様にこの「60周年限定メモリアルチョークバッグ」をプレゼント!という、なんとも豪華で太っ腹な記念企画がはじまりました。

募集期間:4月21日~6月30日
掲載期間:6月3日~2021年3月31日まで

https://60th.sega.com/

このコラボレーションバッグは、美容師のためのシザーケースをベースに、スマホや名刺入れ、ICカード等、日常のこまごまとしたものを入れやすいよう、ポケットの大きさや深さを工夫しており、セガのテーマカラーであるブルーがアクセント。

ホルダー部分と、ステッチに至るまで、セガブルーを意識して配色させていただきました。本体のベースは、最高級のフルベジタブルタンドレザー(栃木レザーの中のシリーズです)を採用しておりますので、経年変化を楽しむことができます。

少しクスっとしてしまうようなギミックの効いたこのチョークバッグ。一年を通じてカジュアルなファッションにもぴったりで、使い込むほど良い風合いになりますので、長く、愛着を持って使いたいバッグです。(サイズ:W160㎜×H200㎜×D25㎜/素材:牛革/ベルトは長さ調整が可能。腰下げ&肩掛けの2WAY仕様です。)

外ポケットには、ソニックのシルエット。60周年メモリアルだけあって、SEGAオリジナル刻印のデザインも秀逸。様々なところにこだわりがちりばめられて、しっかり刻まれております。

メッセージの台紙は60種類のセガグループコンテンツから選択することができ、集まったメッセージは「セガ設立60周年特設サイト」内に6月3日より順次掲載されるそう。激励のお言葉や応援メッセージをぜひお寄せくださいませ。

GOセガ!

制作状況 Stay at ATELIER

いろいろと世の中が目まぐるしく変化していきますが、アトリエでの制作は、通常どおり回転しています。時間的な問題で、撮影する時間がなかなか取れませんので、どなたの目にも触れないまま、どんどん商品が出発している感じで進んでおりますが、職人の出勤については制限して、基本的に宅急便での受け取りに切り替えています。

いまは、万が一を考えて、他社への侵入も極力避ける配慮をお互いがしていますので、通常よりもモノを動かすための運送に時間がかかっている具合です。運送会社各社には、感謝しきりです。

Stay at HOME and ATELIERを基本として、長期戦を覚悟しつつ、このペースに慣れていきたいと考えています。少しずつ、発信を増やしてまいりますね。

 

品川デポ

午前中、検品したいものがあって天王洲の倉庫へ。ラッシュを避けての電車移動です。弊社は完全テレワーク化は済んでおり、極力出歩かないようにして仕事は進めていますが、生身でないとできないことがモノづくりの世界には沢山あって、現場は大切です。(一度外出したら、そのあと最低1週間は、ほぼ外出しないように切り替えています。)

最近は、特にイレギュラーな出来事の連続なので、空も陸も一筋縄ではいかないのかもしれません。だんだんイレギュラーがレギュラーなのだと理解が深まってきました。いつどうなるかよりも、だんだんこの生活に慣れていくしかないのかもしれません。

メズム東京 オートグラフ コレクション

つい先日、打ち合わせで、メズム東京 オートグラフ コレクション様へ伺いました。2020年4月27日に開業なさるホテルで、テーマは、TOKYO WAVE。エリアは、ゆりかもめの竹芝から3分、浜松町から7分程度に位置しています。2回目は車で伺いましたが、開業前のこれから開かれる場所特有の空気感が漂っていました。ホテルはJR東日本グループの日本ホテルとマリオットのオートグラフコレクションというコレクションブランドに加盟しているそうです。

外観はタワービルという感じですが、中は、アトリエっぽさが漂い、クリエイティブさと何かが生まれるアトリエのような色の波長を感じます。正面側が街。そして背面は海。来月にはじまるWAVEを、改めてまた感じに行けたらと思っています。

https://www.mesm.jp/