東京駅105周年 JAPANパスケース(Aging×東京駅丸の内駅舎)

先日につづき、JR東京駅丸の内駅舎とのコラボレーション、JAPANパスケースのご紹介です。本日は、東京駅開業記念日。105周年を迎えたそうです。感慨深いです。

JAPANパスケースは、2011年3月11日に起こった東日本大震災の直後、がんばれ日本アイテムとして制作したものでした。お客様から販売をたずねていただき、商品化。その時に、Agingストアのカート売上から3%を震災への義援金として送り続ける事を決めました。あれからもうすぐ8年、当初は日の丸配色だけでしたが、しばらくしてから、配色にカラフルなものを追加するようになりました。前へ進むという意味合いも込めています。

2016年、東京駅エキナカでポップアップをする際にコラボレーションさせていただくことになり、丸の内駅舎の焼印をいれたコラボバージョンが生まれました。これまではエキナカのポップアップや丸ビル内での販売をしておりましたが、ホームページリニューアルを機に、こちらAgingストアでも販売をはじめることにいたしました。お気に入りの配色が見つかりますように!

【新入荷情報:アップいたしました!】
◆ホワイト×レッド

◆オイルヌメ茶×黒

◆オイルヌメ茶×型押しブラウン

◆オイルヌメ茶×モスグリーン

◆モスグリーン×レッド

◆イエロー×ダークブラウン

Aging×東京駅丸の内駅舎

 

JAPANパスケース(Aging×東京駅丸の内駅舎)

本日、12月18日は「東京駅完成記念日(東京駅の日)」。
1914年(大正3年)のこの日、東京駅の完成式が行われた記念すべき日とのことです。そして、12月20日は、東京駅開業記念日。
2019年(令和1年)12月、東京駅は、開業105周年を迎えるのですね!

東京駅丸の内駅舎とのコラボレーションしたAgingのJAPANパスケースは、これまで東京駅でのイベントで販売してまいりましたが、Agingのホームページが新しくなりましたこのタイミングにて、記念日に寄せて、オンラインでも販売をスタートすることにいたしました。

今後は、オンラインでも、様々な色を展開したり、新しいアイテムに繋げたりと、あれこれ取り組んでいけたらと考えておりますので、何かございましたらお気軽にお知らせくださいね!

コレクションページ:Aging×東京駅丸の内駅舎
https://store.aging.co.jp/collections/collaboration-jrtokyo

東京駅の扉

毎年クリスマス時期に展示会をしてまいりましたが、ここ3年は、東京駅でのポップアップをそれに重ねて2週間というスケジュールで動いています。

もともと、東京駅とは4年ほど前にポップアップの一部に私自身が作家として参加したのがきっかけだったのですが、その時、丸の内駅舎とのコラボグッズを作ることになり、私がデザインしたものの許諾を取る際、「この屋根は丸すぎる」「窓が足りない」など、デザインというよりは、きちんと丸の内駅舎かどうかを慎重にチェックしていただく必要がありました。

そんなこんなで出来上がったパスケースをご購入下さったのが縁で、東京駅フォトグラファーの佐々木さんと知り合い、丸の内駅舎あれこれについて、お互いにこぼれ話を吐露する機会が何度かありました。私も東京駅でお仕事するようになってから、いきなり舞台裏にがっつり入るといった具合で、何だか東京駅とはディープな付き合いになりそうだなぁ・・・とぼんやり予見したのですが、ここしばらく、本当にそんな感じで過ごしてきました。時のたつのは早いもので、その佐々木さんが、今年、東京駅の扉という本を出版なさることに。お使いいただいているパスケースもすっかりエイジングしていて嬉しくなりました。私もこれを拝読して、もう少し東京駅を知りたいなと思っています。

今年もご来場くださった皆様、ありがとうございました!

 

ミニウォレットと名刺入れの裁断

ここのところ、毎日のように浅草橋や蔵前、浅草あたりをうろついているような・・・昨日もそうでしたが、この問屋街ともいわれるエリアは、年末になると慌ただしさを増している気がします。

今日は、職人さんと裁断の約束があり、お昼からいそいそと出かけてきました。ミニウォレットについては、かなり精密な「へり返し」行程がありまして、革に型押しが深く入っている場合、革を薄くスライスするときに、その段差で漉き切れてしまって革がダメになるケースが結構あります。スターマリンを求めるお声が多いため、今回、たくさん作りたかったのですが、革の具合によっては貴重品となってしまうかもしれません。

エキュート東京に向けて制作も佳境です。11月18日~12月1日、東京駅構内でのポップアップとなりますので、ぜひいらしてくださいね。

蔵前と浅草

朝から蔵前。蔵前は17時には全部閉まる為、私が蔵前に出向くときは、すでに金具屋その他への段取りは終わっていて、すべてをピックアップしてくる形にしています。今日は伝票も起票済みで、順番にぐるっと回収して回って、ササっと帰るという具合だったので、午前中には事務所に戻りました。

今日はその前に職人との打ち合わせがあり、浅草回りで蔵前というルートを通ったのですが、最近よく思うことは、本当に外国人率が高いなぁということ。駅で待ち合わせしていても、エレベーターに乗っても、日本人は私一人なんていうこともザラで、スカイツリーの近辺も、似た印象を持っています。言語も色々で、今日は韓国語と中国語が多かったような気がします。職人さんも、ポケトークを買ったと言っていました:)