A4スクエアのハンドル修理

長らくお使いくださったフラット・ブリーフのA4スクエアの、「ハンドルだけがくたびれてしまった」という事で、改修させていただくことにいたしました。

こちらのバッグはエナメルコーティングされたバッグだったのですが、ハンドルのエナメルが一部剥がれてきていました。そこをいったんアイロンでくっつけてから、アトリエにある柔らかいグレーの革をぴったりと巻いて固定し、ステッチをいれます。革自体も最初に薄く漉いて、コバ(裁断面)を溶剤で処理しています。

美しくよみがえりました。長らくお使いくださっているお客様へは、送料をご負担いただけましたら、安価で承っておりますので、何かのご注文の折にでも、お気軽にご相談くださいませ。
(今回はぴったりと小さく折りたたんだら、ネコポスでお送りすることができました)

栃木レザーの入荷状況

本日より、出荷を再開しております。新しい期が始まって、決意新たにという感じですが、先月から、栃木レザーのアニリンが、メーカーの方でも色によって在庫がなくなっておりまして、入荷までかなりの時間を要する・・・という事が生じております。

栃木レザーは、牛革の中でも「ヌメ革」と呼ぶことのできる革です。昔ながらの製法で鞣していて、樹脂から取り出したミモザを使っています。有害薬品を使わず、天然の鞣しを実行していますので、製造にじっくりと時間をかけていて、革の風合いも素晴らしいですし、耐久性や吸&放湿性にも優れています。

Agingでは、シザーケースの土台や、革紐メニュー等に使用していますので、アトリエにも革は在庫しておりますが、メニューブックのように色の別注や、数量が多いものの場合は影響を受けることがございます。何かございましたら、お早めにお問い合わせくださいませ。

(追記)
ご注文も混み合っておりますため、革の動き自体が早くなっております。革の入荷に時間がかかるものがございますので、候補の色がございましたら、早めにお知らせくださいませ。

 

焼印についてのご案内

メニューブックやノベルティ、名入れ等、様々なお問い合わせを頂戴いたします。馴染みのないお客様にとっては、少しわかりにくいオプションですので、体系的にまとめます。

【Agingで取り扱う焼印の種類】

①Agingアトリエでの簡易焼印機による名入れ

・焼印機にセットする、金属の印をお客様負担にて作っていただくことになります。
(5cm程度の横幅で18000円程度かかることが多いです)

・7cm角程度まで、こちらの簡易焼印機でも対応できます。

・名入れ作業については、顧客サービスの一環としてご提供しており、1ショット150円~300円程度で承っております。(内容によって異なります。)

・80W・100W・150W・200Wというように、焼印のサイズによってワット数を調整できるよう、複数の電気ゴテを取り揃えております。(焦げやすい革や、文字の大きさで熱伝導が変る為)

・電気ゴテ(1650~4840円)をお求めいただくと、ご自身で押印できる焼印機として、ご利用可能です。

 

②Agingアトリエでの電気ペンによる名入れ

金属印を使わない、手作業による簡易的な焼印です。文字の形は下の画像のとおりです。6文字まで300円、それ以上は1文字50円。革によっては、文字を焼印できないものがございますので、先にお問い合わせください。ヌメ革なら、ほぼOKです。発色の良いレザーは無理なことが多いです。

電気ペンは、針金に熱を伝わせて手書きしていきますので、どうしてもクラフト感が出ます。温度の関係でムラも生じますので、その旨ご了承ください。
1冊だけのメニューブック等、なにかメッセージを入れる場合はご検討の価値があります。

 

③プレス焼印機による名入れ(外部)

焼印が大きなものの場合(7cmを越えるもの)や、強いプレス力と温度管理をして、しっかりとしたロゴを刻む必要がある場合には、外部でのプレス焼印機を使用することも可能です。材料の段階で刻印を入れて、そのあと製品づくりを行います。

但し、
・時間がかかります。(外部にて押印するため、10日程遅くなります。)
・革質は、オイルヌメ限定です。
・金属の印本体は、シンプルな平板のため、簡易焼印機用よりお安くなりますが、外部への往復送料等が生じ、ショット料金はアトリエよりも高くなります。

④レーザー焼印(お受けしていません)

レーザーで焼き付ける方式のため、製品の平らな部分に後から押すことができる方法です。お客様ご自身で納得して、直接、ご依頼なさる方が良いと考えまして、エイジングではお受けしていません。

以下の画像が、以前にテストでレーザー焼印してもらった革です。温度と時間で焼け具合が変わりますので何パターンかテストをしたときのものです。Agingアトリエの簡易焼印機やプレス焼印機と違う点は、革の表皮(銀面)を焦がすような仕上がりになる事です。焼けるという感じなので、ガサガサとした肌触りの焦げた感じです。

レーザー焼印は、金属の印が不要ですので、イニシャルコストがかかりません。1個あたりの刻印料金によりますが、刻印するものの数量が少ない場合は特に、リーズナブルに仕上げることができる有効な方法だなと思います。

⑤真鍮に刻印を入れる場合(外部)

くるくるメニューで、金属部分にロゴを入れる場合、対応させていただきます。
・金具と刻印をセットにしていますので、金具の持ち込みには対応できません。
・11セット以上のご注文が必要です。

 

 

 

東京駅105周年 JAPANパスケース(Aging×東京駅丸の内駅舎)

先日につづき、JR東京駅丸の内駅舎とのコラボレーション、JAPANパスケースのご紹介です。本日は、東京駅開業記念日。105周年を迎えたそうです。感慨深いです。

JAPANパスケースは、2011年3月11日に起こった東日本大震災の直後、がんばれ日本アイテムとして制作したものでした。お客様から販売をたずねていただき、商品化。その時に、Agingストアのカート売上から3%を震災への義援金として送り続ける事を決めました。あれからもうすぐ8年、当初は日の丸配色だけでしたが、しばらくしてから、配色にカラフルなものを追加するようになりました。前へ進むという意味合いも込めています。

2016年、東京駅エキナカでポップアップをする際にコラボレーションさせていただくことになり、丸の内駅舎の焼印をいれたコラボバージョンが生まれました。これまではエキナカのポップアップや丸ビル内での販売をしておりましたが、ホームページリニューアルを機に、こちらAgingストアでも販売をはじめることにいたしました。お気に入りの配色が見つかりますように!

【新入荷情報:アップいたしました!】
◆ホワイト×レッド

◆オイルヌメ茶×黒

◆オイルヌメ茶×型押しブラウン

◆オイルヌメ茶×モスグリーン

◆モスグリーン×レッド

◆イエロー×ダークブラウン

Aging×東京駅丸の内駅舎

 

JAPANパスケース(Aging×東京駅丸の内駅舎)

本日、12月18日は「東京駅完成記念日(東京駅の日)」。
1914年(大正3年)のこの日、東京駅の完成式が行われた記念すべき日とのことです。そして、12月20日は、東京駅開業記念日。
2019年(令和1年)12月、東京駅は、開業105周年を迎えるのですね!

東京駅丸の内駅舎とのコラボレーションしたAgingのJAPANパスケースは、これまで東京駅でのイベントで販売してまいりましたが、Agingのホームページが新しくなりましたこのタイミングにて、記念日に寄せて、オンラインでも販売をスタートすることにいたしました。

今後は、オンラインでも、様々な色を展開したり、新しいアイテムに繋げたりと、あれこれ取り組んでいけたらと考えておりますので、何かございましたらお気軽にお知らせくださいね!

コレクションページ:Aging×東京駅丸の内駅舎
https://store.aging.co.jp/collections/collaboration-jrtokyo

東京駅の扉

毎年クリスマス時期に展示会をしてまいりましたが、ここ3年は、東京駅でのポップアップをそれに重ねて2週間というスケジュールで動いています。

もともと、東京駅とは4年ほど前にポップアップの一部に私自身が作家として参加したのがきっかけだったのですが、その時、丸の内駅舎とのコラボグッズを作ることになり、私がデザインしたものの許諾を取る際、「この屋根は丸すぎる」「窓が足りない」など、デザインというよりは、きちんと丸の内駅舎かどうかを慎重にチェックしていただく必要がありました。

そんなこんなで出来上がったパスケースをご購入下さったのが縁で、東京駅フォトグラファーの佐々木さんと知り合い、丸の内駅舎あれこれについて、お互いにこぼれ話を吐露する機会が何度かありました。私も東京駅でお仕事するようになってから、いきなり舞台裏にがっつり入るといった具合で、何だか東京駅とはディープな付き合いになりそうだなぁ・・・とぼんやり予見したのですが、ここしばらく、本当にそんな感じで過ごしてきました。時のたつのは早いもので、その佐々木さんが、今年、東京駅の扉という本を出版なさることに。お使いいただいているパスケースもすっかりエイジングしていて嬉しくなりました。私もこれを拝読して、もう少し東京駅を知りたいなと思っています。

今年もご来場くださった皆様、ありがとうございました!

 

ミニウォレットと名刺入れの裁断

ここのところ、毎日のように浅草橋や蔵前、浅草あたりをうろついているような・・・昨日もそうでしたが、この問屋街ともいわれるエリアは、年末になると慌ただしさを増している気がします。

今日は、職人さんと裁断の約束があり、お昼からいそいそと出かけてきました。ミニウォレットについては、かなり精密な「へり返し」行程がありまして、革に型押しが深く入っている場合、革を薄くスライスするときに、その段差で漉き切れてしまって革がダメになるケースが結構あります。スターマリンを求めるお声が多いため、今回、たくさん作りたかったのですが、革の具合によっては貴重品となってしまうかもしれません。

エキュート東京に向けて制作も佳境です。11月18日~12月1日、東京駅構内でのポップアップとなりますので、ぜひいらしてくださいね。