今日のわたし 昨日のわたし

「こんな日もあるのか」には続きがあって、昨夜はまた仲間が合流して、代官山ので一緒にご飯を食べることに。ストレートな人しかいないので、ぶつかり方もストレート。帰るときには半分忘れている感あり。

さて。10月分の通販は残り3日ありますが、昨日までのご注文は出荷手配をすべて済ませました。到着までもう少しお待ち下さいませ。

不測の事態が重なる日

午前中に仕事がてんこもり。午後から急用がいくつか入る。吉田五十八氏が設計したという友人宅に伺い、パリから一時帰国してこのお宅を撮影中の都筑さんと合流。しばらくしてから、渋谷のギャラリーへ。今年も開催する「働く袋展」の打ち合わせ。タクシーに乗るも、道は大混雑。その後の池尻では、マークニューソンのはずが事態が変わってサイラスヒッキーとのセッションになり、すぐに帰宅するつもりが焼肉に流れる。祐天寺まで歩いて始発電車で帰宅・・・こんな日もあるのか。

新しい出逢い

今日は夕方からスコスの寺村さんと、S社の永江さんがアトリエに来る。緊張しつつも、たくさん面白い話や勉強になる話が聴けて感激。その後、自由が丘で一緒に食事する。なーんかとっても楽しくて、ほろ酔いで帰宅。またこの時間が訪れることを願う。スコスと言えば文具、文具といえば私。私は近所の文房具屋のお姉さんが羨ましくて仕方なかったことを思い出した。永遠の夢だなー。

世界にたった1つのもの。

13時、結婚式に参列する。昨日までの雨が嘘のように、今日は快晴。外のチャペルに木立が揺らぐ。 新郎新婦は、世界にたった1人の愛する人と出逢ったのだと 本当に嬉しくなってしまい、感動して泣きっぱなし。 (新郎がモヒカンだから大丈夫かと思ったけど、だめだった。)泣くと周りにも伝染。 皆笑いながら泣いてておかしい。花嫁はそれでも笑顔。素敵!

外のチャペルでお式が始まる前に、ずっと二人のことを考えていた。 さて、二人の馴れ初めってなんだっただろう。ずっと二人のことを知っている私は、この長いようで短い道のりを思い返して、甘さや、ほろ苦さを噛みしめた。 リゾナーレ小淵沢、本当によいホテルだ。

東京に戻ったら、ショップのオーナーさんからのメールが届いていた。
それがまた心に染み入るメールで、私は感動の渦に包まれた。
今回の旅は私にとってのギフトのような、そんな気がする。

PS.彼らが結婚式をしたのはガーデンチャペルZONA。ここもクラインダイサムアーキテクツのデザインで、2005年の5月に英国のD&AD賞を受賞しているとのこと。

山梨へ。

dabc87bf.jpg小雨になったので傘を持たずに出発。特急あずさで山梨へ。
リゾナーレ小淵沢の中にあるお店、ほーそんのオーナーさんとお会いする。素敵なお話を伺いながらショップをぐるりと見回して、どうしても欲しくなってしまったフランスのぬいぐるみを購入。その後、ホテルのレストランで食事して、BOOKS&STOREへ。雑誌と文房具を久しぶりにゆっくり見たあと、急に思い立って温泉へ行き、1時間で戻る。

部屋から見下ろす位置に、先程のBOOKS&STOREがあって、とても良い雰囲気。ここをデザインしたクライン・ダイサム・アーキテクツは、ほーそんの横にできた新しいスタイルのパーティ会場もデザインしたらしい。星空の下で覗いたので、よくは見えなかったけれど、ゲストの待合室のようなリビングまであって素敵。

明日、私は友人の結婚式に参列する予定。場所はこことは違う、もう1つのレストラン。今夜はお仕事モードを離れて就寝。

Agingストア情報

e153b673.jpgご注文・ご質問のメールを色々といただいてます。どうもありがとうございます。
バケツバッグは、今後は色違いなども登場させる予定です。
それと、メルマガ発行も予定しています。
カバは、口角が上がるように縫製しています。
のろのろですが、新しい商品を続々と出していきますので、どうぞよろしくお願い致します!