焼印についてのご案内

メニューブックやノベルティ、名入れ等、様々なお問い合わせを頂戴いたします。馴染みのないお客様にとっては、少しわかりにくいオプションですので、体系的にまとめます。

【Agingで取り扱う焼印の種類】

①Agingアトリエでの簡易焼印機による名入れ

・焼印機にセットする、金属の印をお客様負担にて作っていただくことになります。
(5cm程度の横幅で18000円程度かかることが多いです)

・横幅5~6cm程度まで、こちらの簡易焼印機でも対応できます。
(高さは2~3cmを想定しています。4×5cm程度のものも押したことがありますがデータ内容によりますのでまずはご相談ください)

・名入れ作業については、顧客サービスの一環としてご提供しており、1ショット150円~300円程度で承っております。(内容によって異なります。)

・80W・100W・150W・200Wというように、焼印のサイズによってワット数を調整できるよう、複数の電気ゴテを取り揃えております。(焦げやすい革や、文字の大きさで熱伝導が変る為)

・電気ゴテ(1650~4840円)をお求めいただくと、ご自身で押印できる焼印機として、ご利用可能です。

 

②Agingアトリエでの電気ペンによる名入れ

金属印を使わない、手作業による簡易的な焼印です。文字の形は下の画像のとおりです。6文字まで300円、それ以上は1文字50円。革によっては、文字を焼印できないものがございますので、先にお問い合わせください。ヌメ革なら、ほぼOKです。発色の良いレザーは無理なことが多いです。

電気ペンは、針金に熱を伝わせて手書きしていきますので、どうしてもクラフト感が出ます。温度の関係でムラも生じますので、その旨ご了承ください。
1冊だけのメニューブック等、なにかメッセージを入れる場合はご検討の価値があります。

 

③プレス焼印機による名入れ(外部)

焼印が大きなものの場合(7cmを越えるもの)や、強いプレス力と温度管理をして、しっかりとしたロゴを刻む必要がある場合には、外部でのプレス焼印機を使用することも可能です。材料の段階で刻印を入れて、そのあと製品づくりを行います。

但し、
・時間がかかります。(外部にて押印するため、10日程遅くなります。)
・革質は、オイルヌメ限定です。
・金属の印本体は、シンプルな平板のため、簡易焼印機用よりお安くなりますが、外部への往復送料等が生じ、ショット料金はアトリエよりも高くなります。

④レーザー焼印(お受けしていません)

レーザーで焼き付ける方式のため、製品の平らな部分に後から押すことができる方法です。お客様ご自身で納得して、直接、ご依頼なさる方が良いと考えまして、エイジングではお受けしていません。

以下の画像が、以前にテストでレーザー焼印してもらった革です。温度と時間で焼け具合が変わりますので何パターンかテストをしたときのものです。Agingアトリエの簡易焼印機やプレス焼印機と違う点は、革の表皮(銀面)を焦がすような仕上がりになる事です。焼けるという感じなので、ガサガサとした肌触りの焦げた感じです。

レーザー焼印は、金属の印が不要ですので、イニシャルコストがかかりません。1個あたりの刻印料金によりますが、刻印するものの数量が少ない場合は特に、リーズナブルに仕上げることができる有効な方法だなと思います。

⑤真鍮に刻印を入れる場合(外部)

くるくるメニューで、金属部分にロゴを入れる場合、対応させていただきます。
・金具と刻印をセットにしていますので、金具の持ち込みには対応できません。
・11セット以上のご注文が必要です。

 

 

 

ヌメ丸紐 値上がりのニュース

ブログにアクセスしてくださりありがとうございます。
マメなブログ更新ができなくて恐縮ですが、お客様よりいただくメールやお問い合わせ、そういったご連絡の方を優先して過ごしておりました。

ふと気づけばもう8月も終わるではありませんか(!)
皆様、夏の終盤はいかがお過ごしですか?

さて、Agingにつきましては、ホームページへお越しくださるお客様が、もう少しご覧になりたいものが見つけやすい内容にできるよう、取り組み中です。もう少々ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

10月から消費税も導入になるとのことですが、その前に、例えばヌメ丸紐など、革材料で一部値上がりが生じるものがございます。生産者からの連絡を受けて、価格上昇を抑える努力をしておりますが、50円~100円の範囲で、ヌメ革を使用している製品の価格が変更になる可能性がございます。しばらくの間は据え置きいたしておりますが、まずは先に情報としてこちらにお伝えしておきます。

また、メニューブックにつきましても、ブログでの事例紹介になっておりまして、恐れ入ります。革のメニューブックは、すべて牛の本革をつかっておりまして、4タイプございます。ざっくりした情報は以下のリンクにございますが、何かございましたらお気軽にメールやお電話くださいませ。

冊数や形によって、それぞれ価格が変わりまして、ビジネスユースが多いため、卸値でのご提供を目指しております。

引き続きよろしくお願いいたします!

※MENUBOOKメニューブックの 基本情報はこちら

トコノール

長らくお使いいただいた「ヌメ革の製品の裏や裁断面が毛羽立ってくたびれてしまった」なんていうことはありませんか?
そんなときには、トコノールという溶剤でのメンテナンスで見違えるかもしれません。こちらは、革の毛羽立ちを抑えて保護し、汚れからも守ります。


トコノール120g


トコノール20g

Agingストアで販売しているアイテムの使用例としましては、シザーケースやメニューブックの裁断面、各種革製品の裏や切り口、くたびれたヌメ丸紐(革紐)など、毛羽立ちやすい箇所でお使いいただけます。)

ヌメ丸紐でのテスト

<使い方>
指先に出して革に塗布し、表面をこする事で、見違えます。
詳しくはリンク先のメーカーでの説明をご参照ください。 
(市販でも手に入る溶剤ですが、現在メーカーからも入手しにくい状況にあり、入荷未定とのことです。Agingもストックが無くなり次第、同じ状況となります。)