焼印についてのご案内

メニューブックやノベルティ、名入れ等、様々なお問い合わせを頂戴いたします。馴染みのないお客様にとっては、少しわかりにくいオプションですので、体系的にまとめます。

【Agingで取り扱う焼印の種類】

①Agingアトリエでの簡易焼印機による名入れ

・焼印機にセットする、金属の印をお客様負担にて作っていただくことになります。
(5cm程度の横幅で18000円程度かかることが多いです)

・7cm角程度まで、こちらの簡易焼印機でも対応できます。

・名入れ作業については、顧客サービスの一環としてご提供しており、1ショット150円~300円程度で承っております。(内容によって異なります。)

・80W・100W・150W・200Wというように、焼印のサイズによってワット数を調整できるよう、複数の電気ゴテを取り揃えております。(焦げやすい革や、文字の大きさで熱伝導が変る為)

・電気ゴテ(1650~4840円)をお求めいただくと、ご自身で押印できる焼印機として、ご利用可能です。

 

②Agingアトリエでの電気ペンによる名入れ

金属印を使わない、手作業による簡易的な焼印です。文字の形は下の画像のとおりです。6文字まで300円、それ以上は1文字50円。革によっては、文字を焼印できないものがございますので、先にお問い合わせください。ヌメ革なら、ほぼOKです。発色の良いレザーは無理なことが多いです。

電気ペンは、針金に熱を伝わせて手書きしていきますので、どうしてもクラフト感が出ます。温度の関係でムラも生じますので、その旨ご了承ください。
1冊だけのメニューブック等、なにかメッセージを入れる場合はご検討の価値があります。

 

③プレス焼印機による名入れ(外部)

焼印が大きなものの場合(7cmを越えるもの)や、強いプレス力と温度管理をして、しっかりとしたロゴを刻む必要がある場合には、外部でのプレス焼印機を使用することも可能です。材料の段階で刻印を入れて、そのあと製品づくりを行います。

但し、
・時間がかかります。(外部にて押印するため、10日程遅くなります。)
・革質は、オイルヌメ限定です。
・金属の印本体は、シンプルな平板のため、簡易焼印機用よりお安くなりますが、外部への往復送料等が生じ、ショット料金はアトリエよりも高くなります。

④レーザー焼印(お受けしていません)

レーザーで焼き付ける方式のため、製品の平らな部分に後から押すことができる方法です。お客様ご自身で納得して、直接、ご依頼なさる方が良いと考えまして、エイジングではお受けしていません。

以下の画像が、以前にテストでレーザー焼印してもらった革です。温度と時間で焼け具合が変わりますので何パターンかテストをしたときのものです。Agingアトリエの簡易焼印機やプレス焼印機と違う点は、革の表皮(銀面)を焦がすような仕上がりになる事です。焼けるという感じなので、ガサガサとした肌触りの焦げた感じです。

レーザー焼印は、金属の印が不要ですので、イニシャルコストがかかりません。1個あたりの刻印料金によりますが、刻印するものの数量が少ない場合は特に、リーズナブルに仕上げることができる有効な方法だなと思います。

⑤真鍮に刻印を入れる場合(外部)

くるくるメニューで、金属部分にロゴを入れる場合、対応させていただきます。
・金具と刻印をセットにしていますので、金具の持ち込みには対応できません。
・11セット以上のご注文が必要です。

 

 

 

Scissors case No.705-2

Instagramからの投稿☺
昨日画像をアップしたシザーケース。S-03型で、ホルダーを開閉可能にしました。革の裏にも銀面を張り付けて補強してあるので、髪の毛が付きにくく、ホックを外せば掃除しやすい仕様です。
Scissors case No.705(手縫い)中を機能的にしてあります。今のところ、お使いになりやすいようです。お掃除しやすいか、またお知らせくださいませ#scissorscase #scissorcase #シザーケース #beautician #美容室 #美容師 #leather #leatherbag #toolcase #uniform #bag #aging #aging_inc #favorpoco #aging_labo #menubook #エイジング #革製品 #革小物 #革 #craft #leathercraft #レザー #バッグ #epron #エプロン #ベルト #design #desighner #店舗デザイン 18:24

https://store.aging.co.jp/pages/vitam-ago

Scissors case No.705

Instagramからの投稿☺
10年お使いいただいたシザーケースをいよいよ新調なさるということで、新しくS-03型を手縫いで制作させていただきました。No.705です。インスタ画像のため、少々ムーディに映っています。
Scissors case No.705(手縫い)10年お使いいただいたシザーケースを新調なさるということで、手縫いしました。We attached pockets to make it easier to clean the cut hair for beautician.#scissorscase #scissorcase #シザーケース #beautician #美容室 #美容師 #leather #leatherbag #toolcase #uniform #bag #aging #aging_inc #favorpoco #aging_labo #menubook #エイジング #革製品 #革小物 #革 #craft #leathercraft #レザー #バッグ #epron #エプロン #ベルト #design #desighner #店舗デザイン 18:24
We attached pockets to make it easier to clean the cut hair for beautician.

https://store.aging.co.jp/pages/vitam-ago

シザーケースのハサミホルダーについて

おはようございます。たまに夏の気配が感じられて、驚く毎日です。2019年もすでに3分の1が終わりました。

さて、シザーケースを繰り返しご注文くださるお客様から、ハサミホルダーについてホック式になさりたいというご意見をいただくことがあります。

オプションとして、ご対応させていただいておりますが、お掃除の仕方によって、どこがホック式になるのが都合がよいか、現在はその都度お伺いして制作に回しています。ある程度ご意見がまとまってきましたら定番化を考えますが、引き続きよろしくお願いいたします!

ロールペンケース

Instagramからの投稿
ロールペンケースにハサミを収納なさりたいというリクエスト。ハサミ4丁の場合、ハサミの間にダッカールを入れていき、ポケットを増やす案を。コームは上に少し飛び出す感じです。
ロールペンケースにハサミを収納なさりたいというリクエスト。ハサミ4丁の場合、ハサミの間にダッカールを入れていき、ポケットを増やす案を。コームは上に少し飛び出す感じ。#scissorscase #scissorcase #シザーケース #beautician #美容室 #美容師 #leather #leatherbag #toolcase #uniform #bag #aging #aging_inc #favorpoco #aging_labo #menubook #エイジング #革製品 #革小物 #革 #craft #leathercraft #レザー #バッグ #epron #エプロン #ベルト #design #desighner #店舗デザイン 9:24

Scissors case No.559 (remade)

先日触れたシザーケースNo.559.
完成の画像がもう少しありましたのでご紹介いたします。

使い込まれた革の良さは維持しつつも、ダメージをうけている部分は補修や変更を行い、デザインも入れていきました。機能も向上しています。
・ホルダーを追加
・大ポケットの下が開閉可能に
・ショルダー紐の着脱部分の強化とリングの変更
・手縫いによる補修etc…

小ポケットには、オイルをいれて馴染ませたので、形を維持するために中に緩衝材をいれて乾燥させています。

使い込まれたシザーケースの場合、どこをどうお使いになるかが一目瞭然で課題を調整しやすいのがいいですね。本体は栃木レザーの焦げ茶ですがよい艶が出ています。大ポケットの背面は4つのカシメで固定しておりましたが、一旦全部外して、6か所で固定するように変更しました。

こちらがリメイク前のシザーケース。すでに懐かしいです。
飛行機で届くエリアへの発送ですが、この程度の大きさの場合、ペタンコにするとネコポスでも発送が可能でした。雨の影響で到着に日数がかかるかもしれませんが、対面が楽しみですね。このたびはありがとうございました!

 

Scissors case(remade)

シザーケースに関しては、職人ではなく私が作家として自分の手で作りはじめたため、修理も創作の延長であるとご理解いただいた上でご提案し、手を入れていきます。(そのため私自身のスケジュールに依りますので、場合によっては1か月先に送って頂いたり、合間にすぐ行えることもあります。)髪の毛の掃除がしやすいように、下を開閉できるようにしたいというご要望もありましたので、形も変形させていきます。

vitam-ago シザーケースに関しては、職人ではなく内藤が作家として自分の手で作りはじめたため、修理も創作の延長であるとご理解いただいた上でご提案し、手を入れていきます。はさみを5丁収納できるようにホルダーパーツを追加して、ベルト着脱部の補強も、袴を同じ革で制作して貼り付け、手縫いで合わせていきます。ホツレも一緒の糸で。#scissorscase #scissorcase #シザーケース #beautician #美容室 #美容師 #leather #leatherbag #toolcase #uniform #bag #aging #aging_inc #favorpoco #aging_labo #menubook #エイジング #革製品 #革小物 #革 #craft #leathercraft #レザー #バッグ #epron #エプロン #ベルト #design #desighner #店舗デザイン 16:24

・はさみを5丁収納できるようにホルダーパーツを追加
・髪の毛掃除がしやすいよう下部をポケット化する
・ベルト着脱部の補強も、袴を同じ革で制作して貼り付け、手縫いで合わせる
・ポケットの糸ほつれも同色の糸で補修
・剥げているところへ経年変化に合わせた着色
・裁断面や床面に磨きをかけてツルツルにしていく

といった感じで全体を調整してみました。

さて、完成です。

もうしばらく、頑張る相棒としてよろしくお願い致します!