T.Y.Harbor Summer party 2019

T.Y.Harbor – TYSONS&COMPANYの夏パーティーにお誘いいただき、参加してまいりました。美味しい食事にクラフトビール、加えてナイトクルーズまで盛り沢山😊

ユニフォームのお仕事で関わらせていただき、天王洲アイルを、少しずつ身近に感じるようになってきました。東京湾に面していて、ハーバーには良い風が吹いています。

いつもお世話になっているメンバーチームと社長様でパチリ。
現地では、何分か毎に船が出航していたので、私たちは最終便に乗り込み、しばらく周遊。レインボーブリッジや東京タワーが見えました。このあたりは高層ビルがたくさん。夜景になると一味違って見えます。

T.Y.HARBORは、おひとりでふらりと立ち寄るもよし、家族連れでにぎやかに食事するにもリラックスできる空間になっていて、豊かさのようなものを感じます。私たちも良いリフレッシュになりました。

様々なモノづくりに取り組んで、良いお仕事につなげていけたらと思います。

製品の行方

いつもAgingストアをご利用くださり、誠にありがとうございます。
また、Agingストアでお買い上げくださったお客様より、商品お受け取りのご連絡や、温かいメッセージを頂きまして誠にありがとうございます。

革小物やメニューブック等は、ギフト向けにお送りしたり、レストランご開店に合わせて大急ぎで出荷や制作をさせていただくことが多いため、できる限り即レスを心がけておりますが、お納めしたあとのお返事につきましては、少しお待ちいただきながら、お届けしております。
お待たせして申し訳ございませんが、必ずお返事させていただきますので何卒よろしくお願いいたします。

最近は、ご開業や新規事業のための製品づくりを行うことも多いものですから、「新しいスタートに寄せて、記念となるような製品づくりに携わらせていただけているのだな・・・」と実感することが多いです。そして、繰り返し革小物をご利用くださるお客様からのメッセージは、様々な原動力につながっています。

ここのところ、ユニフォームや企業とのタイアップにも取り組ませていただいており、多くの方のお手に届くようになってきました。
革小物たちが、様々なシーンで、楽しさや嬉しさ、安心便利につながるように精進していけたらと思っております。至らないことも多いですが、少しずつ、商品ページなどもまとめていけたらと思いますので、何かございましたら、引き続き、お気軽にお知らせくださいませ。

アフタヌーンパーティ

週末、友人でもある編集者さんにお招きいただき、アフタヌーンパーティへ。気軽な食事会でも!ということで、お仕事でも大変お世話になっている女性とお邪魔したのですが、ウエルカムドリンクにはじまり、次から次へとご馳走が出てくるので、テンションが上がります。

写真を撮る間もなく結構モリモリ頬張ってしまったので、画像は一部分切り取った感じですが、見ていると味がよみがえって、また食べたくなります。ワインにもピッタリで、癖になりそうな美味しいものばかり。他にも春のラザニアや、ベトナムナムルのクリームチーズ添えなど盛り沢山でした。

スコップケーキもお皿もホント素敵!レシピも色々と教えてもらったので、時間が取れる休日にでも、真似して作ってみたいと思います。
それにしても、キャーキャーと歓声を上げたりして、贅沢なリフレッシュになりました。

行ったり来たり

Instagramからの投稿☺
今週は比較的商談が多い週。土砂降りの合間を縫って展示会にお邪魔したり、遠方からお客様がいらしたり。

画像は中国で編まれた手編みの山葡萄のバッグ。使ううちに焦げ茶にエイジングするんだとか。ものづくりの間口は広いですね。
今週は商談が多い週。土砂降りの合間を縫って、中国で編む山葡萄のバッグをみたり、京都からレース物の会社を経営する方がいらしたり。ものづくりの間口は広いですね。夜は職人が納品にわざわざ来てくれました。ちなみにこのバッグ、手編みです。使ううちに焦げ茶にエイジングします。#bag #craft #山葡萄 #かご #手編み

夜は、職人さんがわざわざ納品に来てくれました。日中はなかなか細切れ時間って使いにくいから、早朝や夜の方が時間を使いやすいんですよね。ありがたいです。

東京駅

Instagramからの投稿☺
遠方から商談にいらっしゃる方と東京駅にてお会いしました。駅の外から丸の内駅舎をじっくり見るのは、コラボ用マークをデザインして以来かもしれません。夕方からのライトアップはなかなか幻想的でした。

 

 

革にかける圧力と熱

午後からまた弾丸で東京の東エリアへ。
昔は浅草方面に行くときは一日に何軒か行くところを決めて、無駄のないようにと必死で動いていましたが、最近は一つの案件のために急に動くことが多くなって、動きながらスケジュールを組み立てることが増加。

不思議なのは、その方が会う人数が多いこと。でも、話していた内容はと言えば、全部が革の話。共通言語みたいなもので、抱えている仕事の幾つかについて話していると、その先その先へと新しい工場や職人、知識人とお会いすることになっていくので当然と言えば当然かもしれません。特に、機械が絡むと、何ができるかということで深堀することになるという訳です。

そういえば今日、革の型押しの柄を決めているときに、厚紙に貼った革のサンプル帳ごと、型押し(エンボス)をかけてあるものを見ました。古いものでしたが、これがまた心ときめく立体感!文房具が好きだからかもしれませんが、革より厚紙の方が欲しくなりました(笑)

画像はキルト風の型押しですが、ステッチまで型押しで入っていて、なかなかの物ですね。

革を11000デシほど仕分けしてきました。型押しもいくつか選んできましたが、厚紙ごとプレスした素敵な革のサンプル帳をみてビックリ。厚紙のエンボスをしたくなりました。この厚紙、売ってほしい。ステッチまで型押しで入っています。星やメロンもありますよ。#aging #aginginc #aginglabo #leather #menubook #menu #dish #restaurant #atelier #workspace #roll #craft #design #designer #japan #tokyo #メニューブック #革 #レザー #エイジング #型押し #レストラン #革工芸 #レザー #レザークラフト #leathercraft #craft #design #designer #designs #型押しレザー #studio #スタジオ

革に型押しをするときは、圧力と熱をかける専用の大型機械があるのですが、焼印と同じで、下準備にとても手間がかかります。最適な温度と時間、位置決めなど、印刷と同じでセットする手間は、たとえ革1頭だとしても同じだけかかるので、数量が多いほど経済ロットに近づきます。

1個を作る事も、数の力が発揮されるように量産することも、同じように知恵と工夫が必要で、そのどちらもが、お客様に喜ばれる物づくりにきちんと繋がっているように、生産に関わる人物が心しないといけませんね。

ということで、私に引っ張りまわされるために同行したような職人は、まだかまだかと座りながら待ちくたびれておりましたので申し訳ない事をしました。そのあと打ち合わせして解散です。

ゆるゆるお茶の会

Instagramからの投稿☺
昨年、情熱大陸に出演した向田麻衣さんのお店ラリトプールへ。閉店後にみんなでゆるゆるお茶の会をしてきました。

15306706_1369177173114605_2376509145516867584_n

お店は表参道にあり、オープンして1か月。ネパールの高山植物をつかったソープやソルト等が並びます。現地の女性たちの笑顔につながるお仕事なのですね。

15306653_1676697612621878_614824147515604992_n

さて、そんな中、最初はハーブティ。今回は様々なブレンドも楽しみましたが、ハイビスカスのように果肉っぽい花びらのドライを使ったお茶に衝撃。戻った後、肉厚なので、それにはちみつをかけて食べましたが、これがまた美味しくて。バニラアイスクリームが欲しくなりました(^。^)

みんなでゆるゆるお茶の会。このまえ情熱大陸に出演した向田麻衣さんのお店で閉店後に。#ラリトプール

お次は櫻井焙茶研究所の櫻井さん。彼はHIGASHIYAでバーテンダーもなさっていたので、一滴まで絞り落とすような手つきが印象的。とても美味しい煎茶や、その煎茶とハーブティをマリアージュしてくださいました。温度や淹れ方で随分お味が変わるものなんですねー

15258972_345655025805121_637072932807376896_n

お茶だけでなく、お仕事の話もできて、大人の癒しタイムとなりました。お酒がない集まりなのに、ちょっと酔った気分(笑)

保存

保存

保存

1 2 3 4 5 6 11