新たなミッション

令和という元号になってから、本当に多くの変化がありました。そして、それは今も続いており、特に今年に入ってから、Covid-19の影響で、私たちの生活や働き方、考え方、あらゆるものが変化しています。先週は、いよいよ首相交代となりました。目まぐるしい変化は、きっと、これからで、今は序章だと受け止めています。

今年の3月、マスクが足りないという日本の状況をみて、なにか仕事を通して具体的なアクションを起こせないだろうか・・・という気持ちが大きくなり、急遽、海外の力もお借りして、飛行機もほとんど飛ばない中で、いきなり輸入業を行うという荒業を行った経緯がありました。物の不足による不安や混乱は、初夏あたりに解消されましたが、まだ、ここ東京も感染者が200名を超える超えないという状況が続いています。

(夏向けのメッシュマスク)

Agingでは、物作りを通して少しでも楽しい嬉しい、安心や癒しをお届けしたいと思っておりまして、それはこれまでも同様なのですが、デザインやものづくりという仕事を通して、様々な場所で頑張る方々を全力で応援したいと考えています。

Agingストアの方は、変わらず営業しておりますが、今年もエキュート東京様からオファーをいただきましたため、JR東京駅構内のエキュート東京にてポップアップを予定しております。


(Aging×東京駅丸の内駅舎のパスケース)

今年は、例年の2週間より、更に1週間長く、11月16日(月)~12月6日(日)までの3週間を、Agingがイベントプロデュースすることになりました。
その頃、どのような状況になっているか予想がつきませんが、今はただ、皆様とお会いできることを楽しみに準備しております。
(ジュエリーや雑貨のブランドの方々とタッグを組みますので、詳細につきましては、また改めてご案内させていただきます。)

(過去のポップアップ)

また、そんな中、飲食店向けのメニューブックや、美容師向けシザーケースについて、今まで以上に多く対応させていただいております。

レストラン等の飲食店様は、本当に大変な時期かと存じますが、こんな時期だからこそ、ということなのか、毎日、本当に多くのお問合せとご注文をいただき、Agingとしても、頑張る方々を精一杯の力でお支えしたい、良いものをお届けしたいと考えております。

(メズム東京 シェフズシアター様)

1つの需要がオーディエンスに広がる様子を、目の前で見届けながら、新しいご要望を通して、商品開発を続けています。お急ぎのお客様も多いと思いますので、何とか方法を考えてご対応しておりますが、ここのところ、少し長めにお時間を頂戴しております。出来る限り、制作進行を創意工夫してまいります。

(もうすぐ六本木にOPENなさる桃仙閣様)

シザーケースの方は、メニューブック同様に、販売ページもきちんとおつくりできていないにも関わらず、過去にお買い上げくださったお客様より、リメイクや新しいものの制作についてお問い合わせをいただくことが、とても多くなっています。

(新しくなったシザーケース。シリアルナンバーも、改めてAging-LaboのNo.001~スタートしています。)

美容室は、コロナ禍においても、必需という意味合いもあり、しかしながら、密にならないように距離を開けながら、また人口密度を制限しながら営業なさっていることが多いために、新店舗を開店なさるお話を多く耳にしております。それに合わせて、シザーケースも承ることが増えている次第です。シザーケースは手縫いタイプは1か月程度は頂戴しております。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

変化や、新しいことへ立ち向かう方々を、様々な角度から拝見して、少しでもお役に立てたらと思っております。ブログの更新頻度がどうしても落ちてしまうと思いますが、出来る限り、画像を掲載していけたらと思います。INSTAGRAMにもカテゴリーを分けて掲載してまいりますので、よろしければご参考になさってください。

では、久しぶりでかなり長くなってしまいましたが、引き続き、どうぞよろしくお願いいたします!

本革のマスクフック(防水革)

梅雨も明けて暑さ本番。今年はマスクを着用する機会が多く、例年に比べて暑さが増していますがお元気にお過ごしですか。

今日は、新しくお目見えしているマスクフックについてご紹介いたします。

不織布マスクをなさる際、「耳が痛くなってしまう」「肌荒れを起こしがちで、外を歩く等、密にならない環境ではマスクを極力外したい」など、マスクを常時着用している新しい生活ならではのお悩みを耳にしています。それを解消するためにご用意いたしました。

マスクフックを使えば、耳にかかっていなくても、マスクをホールドすることができますし、少し外しておきたいとき、どこかに落とさないように首にホールドしておいたり、バッグなどの持ち手に取り付けておくこともできます。

サイズは、スナップをはめた状態で、全長12㎝。
牛革は、防水加工されています。

※防水革とは?
革を染める段階から、防水用の薬剤を混ぜて革を作っています。防水成分を原皮にしみこませながら革にすることで、芯まで防水成分が入っている為、表面に防水スプレーをかけたものとは根本的に違います。

革は、ドラム式洗濯機のような大きな機械にまとまった量をいれて加工している関係上、防水加工する場合は、一度に大量に作る必要がございます。こちらの防水革は、飲食店向けのエプロン等で首紐として使うために特別に誂えている牛革です。

使い方はいたってシンプル。カラーもブラックでそんなときでも馴染みます。少しでもお役に立てましたら幸いです。健康にこの夏が過ごせますように。

本革のマスクフック(防水革)

今後のスケジュール

COVID-19により、特別業務を急遽仕事に入れ込んでいることもあって、毎日の新商品アップの部分に影響がでてしまい、申し訳なく思っております。会社の決算報告時期とも重なり、この時期は外部機関もあらゆる面で影響をうけている関係から、どうしても不測の事態が起きやすく、緊急対応の方を優先させていただいております。予定では、5月から極力元の更新スタイルに近づくのではないかと思います。

メニューブックについても、お問い合わせを多くいただいており、とてもありがたいこととお礼申し上げます。少しでも飲食店の皆様のお力になれることがあれば、これまで以上に注力していきたいと思っております。直接お会いしての商談は、お互いに避けた方が良いという判断に切り替わってまいりましたので、近隣でも宅急便でサンプルのお貸出しを行っております。運送会社の方も遅れが出る事がございますので、返却期限を少し伸ばす形でご対応しつつ、電話やメールでご連絡を取りながらというスタイルで進行しております。どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

 

お疲れですか?

テレワークが増えているようですね。革屋さんは、テレワークは無理なので、時短勤務且つ交代制にして、人数も制限しているようです。うっかりしていると、電話しても誰もお出にならないなんてことも起こったり。

そんな中、契約書類については、どうしても郵便での受け取りが必要なようで、今週はハンコばかり押していました。あ、でも驚くことにベトナムとSALES CONTRACTを交わすとき、「ハンコお願いします」と言われるんですよね。え?って最初耳を疑いましたが。押したら押したで便利です。解像度200dpi以上でスキャンして電子的やり取りで終了します。これはCOVID-19は関係なく、やはり物理的に離れている地とのやりとりは、合理性が優先される方向へ変化しますので無駄がないんですよね。

運転免許の更新も、突然15日に無期限休止になってしまって、これ、ご存知の人が意外と少ないようです。更新場所の警察署や免許センター等、更新できる場所がCLOSEで再開見込みすらありません。更新する場所が閉じていて免許更新できなくても、何の届け出も出していなければ、運転免許は失効してしまうんだとか。郵便で一旦免許延長を3カ月まで出せるのですが、その都度、1000円ぐらいかかってしまいますので、免許更新もオンラインでなんとかできないのかなと思ってしまいます。

いつまで続くかと思っていた日々も、そちらが日常になりつつあります。私も仕事でPCを2台使いますが、最近は、業務でわけるのではなく、国内用と海外用に使い分けるように変わってきました。COVID-19の問題が大きくなってから、ここ1か月は海外用の席に座ることが断然多く、イレギュラーだと思っていましたが、ようやく今日、国内PCの前で過ごすようになって、何かフェーズが変わった気がしました。

きっと慣れない生活で、多くの人が疲れていることにも気づかず、知らぬ間に心が不安やストレス、緊張状態に置かれていて、あるときふと「私疲れているんだ」と気づく場面に出会う気がします。そんな人たちには、自分を褒めて、少しいたわってあげて欲しいと思います。きっとすごく頑張っています。Agingからも少しでも安心安全に繋がる革小物を提供していきたいです。

 

品川デポ

午前中、検品したいものがあって天王洲の倉庫へ。ラッシュを避けての電車移動です。弊社は完全テレワーク化は済んでおり、極力出歩かないようにして仕事は進めていますが、生身でないとできないことがモノづくりの世界には沢山あって、現場は大切です。(一度外出したら、そのあと最低1週間は、ほぼ外出しないように切り替えています。)

最近は、特にイレギュラーな出来事の連続なので、空も陸も一筋縄ではいかないのかもしれません。だんだんイレギュラーがレギュラーなのだと理解が深まってきました。いつどうなるかよりも、だんだんこの生活に慣れていくしかないのかもしれません。

Light Up For Hope

先日メニューブックの事でご紹介した、メズム東京オートグラフコレクション様では、4月8日から、Light Up For Hopeに参加して、明るく輝くスマイルのライトアップをご覧いただけるようになっています。人々を笑顔にする方法、いろいろありますね。

日本一ファンキーなホテル総支配人が語る”これからのラグジュアリーホテル“というインタビュー記事もWEB上にあって、楽しく読ませていただきました。4月27日OPENです。

いつも希望を見ていたいものだなと思います。